アルカリ性の洗顔石鹸は肌に優しい

一般的に、洗顔石鹸はアルカリ性のものがほとんどです。 中には「弱酸性は肌にいい」と言われていますが、石鹸に関してはアルカリ性が良いといわれています。 人の肌は弱酸性に保たれており、アルカリ性の石鹸で洗浄することで汚れを落とします。 弱アルカリ性は毛穴を広げる作用があるので、洗顔石鹸に向いているといえます。 また、アルカリ性石鹸は水で簡単に洗い流すことができ、肌の表面に残ることはありません。 人間の肌は石鹸で洗顔しても、肌の表面では中和され、弱酸性に戻る性質があります。

洗顔後に肌がつっぱるような感覚があるのも、肌が中和されている状態だからです。 その為、肌の手入れをする場合は、アルカリ性石鹸で肌の汚れをしっかり落とし、弱酸性の化粧水で肌を中和させることが良いとされています。 ほとんどの人は、アルカリ性石鹸を使う方が肌に良いことが多いです。 中には肌が中和する力が弱く、アルカリ性石鹸では肌荒れを起こす人もいます。 弱酸性の方が肌に悪いことがあるので、成分を確認することをおすすめします。