なじみの洗顔石鹸は優等生

昔からなじみのある石鹸と言えば、白い固形石鹸ではないでしょうか。 現在は様々な洗顔フォームがあり、固形石鹸は性能が悪いと思われがちです。 しかし、固形石鹸はとても優れている点が多いのです。 固形石鹸の成分は肌に優しい物が多く、洗顔フォームに広く使われる界面活性剤が入っていません。 これは肌の汚れを落とすと同時に、肌の角質も溶かしてしまいます。 また、固形石鹸は余計な成分が入っていないことも魅力です。 近年の洗顔フォームは、様々な機能に対応するため、洗顔時には不必要な成分も多く含まれています。 洗顔は、肌の汚れを落とすことが目的なので、余分な成分は反対に「肌に合わない」という状態になります。

洗顔後は肌がつっぱったように感じますが、これは肌表面の汚れが落ちたものであり、肌の角質層の機能が失われていないものです。 また、固形石鹸の特徴として、洗顔後は肌に洗浄成分が残りません。 固形石鹸は最も失敗が少なく、特別な肌質でなければ万人に合うものが多くあります。 どの洗顔フォームを使えばいいのか迷った時には、まず固形石鹸を使うほうがいいでしょう。